copyright © cheese-theater All Right Reserved .

チーズtheater プロデュース公演

「鈴虫のこえ、宵のホタル」

2020年1月7日(火)〜9日(木) @OFF•OFFシアター(下北沢)

これまで、無戸籍、東日本大震災、売春島、など社会的なテーマのオリジナル作品を描いてきたチーズtheaterが、初めて既成戯曲の公演を行います。

チーズtheaterが初の既成戯曲の公演に選んだ作品は、次代を担う関西の新しい劇作家を発掘することを目的として発足されたOMS戯曲賞(1994年発足)の受賞作「鈴虫のこえ、宵のホタル」。

 ■ あらすじ 

 京都の片田舎。母が亡くなった通夜の夜。

 それぞれ、実家を出た3人姉妹が通夜の為に実家に帰ってくる。

 実家には、ボケ始めた祖母、妻の死で気落ちしている父が暮らしている。

 そこに、OLとして働く長女・綾子、

 彼氏と同棲をしている次女・恵子、

 パティシエを目指す三女・加奈が集い、

 母の死を通して、過去の「家族」の諍いを掘り返し、

 これからの自分たちの生き方を案じる。

 そして、通夜を行う中で、母の深い愛を知っていく。

 どこにでもある日本の家族の心温まるお話です。

​タイトル    |『 鈴虫のこえ、宵のホタル 』

​上演日程    | 2020年 1月 7日 (火) 〜 1月 9日 (木)

          [ 全6公演 ]

          7日(火)・・・14:00/19:00

          8日(水)・・・14:00/19:00

          9日(木)・・・13:00/17:00

          ※受付は開演の40分前。開場は開演の30分前。

会場      | OFF・OFF シアター(下北沢)

          東京都世田谷区北沢2-11-8TAROビル3F

          ・京王井の頭線の方は、中央口改札より徒歩約3分
          ・小田急線の方は、東口改札より徒歩約3分

           ※ 詳しいアクセス方法はこちら

作       | 花田 明子(第4回OMS戯曲賞佳作受賞作/1997年)

演出      | 戸田 彬弘(チーズtheater)

出演者     | 藤村 聖子(劇団藤村聖子)

          大浦 千佳(チーズtheater)

          辻  凪子

藤村 聖子(劇団藤村聖子)
大浦 千佳(チーズtheater)
辻 凪子 

料金      | 前売・当日 3,800 円(全席自由席)

チケット取扱  | 前売販売  2019年11月22日 am0:00〜

スタッフ    | 企画・製作:劇団チーズtheater

          制作協力:株式会社チーズfilm

          舞台監督:吉川尚志(劇団SURF SHOP)

          照明:近藤大稀(LICHT-ER)

          音響プラン:水野裕(空間企画) 

          音響オペレート:早川和男美術:吉田竜一(遊感工房)

          演出助手:平井友稀奈 制作:塩田友克

          宣伝美術:大久保篤 宣伝写真:柴崎まどか

          スチール:伊藤星児

協力   | OMS戯曲賞事務局

         (大阪ガス株式会社主催/大阪ガスビジネスクリエイト株式会社運営)